ギフト± ネタバレ&無料試し読み

次々と判明してくる過去と、登場人物の関係

次のクジラは誰だ!!

一番長く試し読みをするならココ!!

ギフト± ネタバレ 第一巻 登場人物

鈴原 環

すずはら たまき。ギフト±の主人公という設定。

女子高校生にして、臓器摘出の天才。しかも、屋上から飛び降り自殺しようとしている同じ女子高生の手首をつかんで横に振り、少し離れた樹の上に落として命を助けるなど、とっさの場合の判断力や、女子高生とは思えない、腕力を持っている。

また、クジラに近づき、スタンガンで身柄を確保する役目もやっている。 子供の頃に、心臓の手術をしたことから、命の重さは誰よりも知っている人間性を持っている。

いつもの口癖は、「命をありがとう」。とてもグロい漫画だが、この一言で読者の心は少し安らぐ。

 

林 英磨

はやし たくま。本名:英 琢磨(はなぶさ たくま)。

闇の臓器売買グループの闇医者。今は、路地裏で、こっそりと林クリニック(闇クリニック)を開業している。 3年前に勤務していた、英医院の院長殺害と放火の疑いで、全国に指名手配されている。

一方で、以前入院して担当していた、鈴原 環の病を自分の手で治そうと、闇稼業(闇医者)を続けながら鈴原 環を探している。

鈴原 環は、林 英磨が始めて担当した心臓の手術をした患者だったんです。

 

タカシ

闇の臓器売買グループのリーダー役。

臓器の適応検査をはじめ、クジラの移送など幅広い役割をこなす。

一番の強みは、臓器移植を望んでいる人の血液型やDNAや、警察の犯罪者の膨大なデータベースを入手・駆使して、一番のマッチングを探すこと。

 

阿藤 圭介

あとう けいすけ。臓器売買グループの闇医者 林 英磨から一枚の写真に映った少女を探す依頼を受けて、いろいろと調べている探偵。 依頼されている一枚の写真に映っている少女は、鈴原 環。

ギフト±  第一巻 ネタバレ&あらすじ

クジラとは、

闇社会で行われている違法な臓器売買。

ここで描かれている臓器提供者=犯罪者を、捕鯨で捕らえたクジラに例えてあらわしています。 調査捕鯨などで捕らえられたクジラは、その身体の肉はもちろんのこと、クジラの内臓、骨、ヒゲ、油まで、余す事無く、人間に有効利用されています。

一方で、社会での更正が望めないと思われる凶悪な犯罪者などから、内臓(心臓、肝臓、腎臓、すい臓、肺など)から骨、眼、髪の毛まで摘出して、臓器移植しか生きる道が無い人のために使うというストーリーが展開されていく「ギフト±」。

 

最初のクジラは、レイプ殺人犯罪者

いじめを受けて自殺する為に、高校の校舎屋上にたたずむ女子高生。

教師はおろか、生徒も誰も助けようとしない。 そんななか、ひとり屋上に上っていく女子高生。

それが、ギフト±の主人公 鈴原 環。 自殺をにおわせる屋上にたっている女子高生の徐々に近づく、鈴原 環。

命を大切にしなきゃと説得誌ながら女子高生に近づく鈴原 環。しかし、バランスを崩して屋上から転落してしまう女子高生。

しかし、寸でのところで女子高生の腕を捕まえる鈴原 環。腕一本で、女子高生が女子高生を支えている。

このままでは、転落してしまうということから、自分の腕の力をフルに使って腕を揺らし、横に振ることで、樹の上に落とし、怪我を最小限にするところから、物語は始まります。ここにも、主人公 鈴原 環の人物設定が垣間見えます。

命は神様からの贈り物だから、大事にしなきゃいけないんです。

この物語のコンセプトですね。

 

最初のクジラは、連続殺人鬼。

18歳のときに強姦殺人を犯し、少年法の最長の15年の実刑で刑務所に服役していた殺人鬼。

15年経過して、やっと刑務所を出所してきた殺人鬼だが、すぐにホテルで、レイプの犯行に走ってしまう。犯行直前に、スタンガンを持った鈴原 環に捕らえられてしまう。

クジラを捕まえたから迎えに来てと、タカシに電話する鈴原 環。

この殺人鬼を利用しようとした理由は、発覚して裁判にかけられた強姦殺人だが、被害者は1人だけではなかった。余罪があったのです。しかも、そのほかにも2件。合計3人の命を奪った、連続強姦殺人鬼だったからなんですね。

意識がなくなっている連続殺人鬼から、臓器を摘出する時に、眼を覚ましてしまうクジラ。再び、スタンガンで意識不明にさせられ、生きたまま臓器を摘出されてしまいます。このあたりが、とてもグロいですね。

解体する前に、鈴原 環がつぶやく言葉。「命をありがとう

 

次のクジラは 毒親 相沢 華南 21歳

鈴原 環が、駅のコインロッカーの前を通りがかったときに、コインロッカーの中から聞こえてきた赤ちゃんの泣き声。警察に連絡して、警察官が到着。コインロッカーの周囲を封鎖が始まる。集まってくる野次馬。

鈴原 環は、赤ちゃんの様態がおかしいことを感じながらも、帰りがけに野次馬の中から、おかしな女性を目撃する。この女性が、実母の相沢 華南

一方、赤ちゃんの搬送先を調べる鈴原 環。ついに突き止めた、病院の新生児室の担当看護婦を誘惑して、赤ちゃんの病気の内容を入手するリョウ。赤ちゃんは、肝硬変がすすみ肝臓の移植が必要な状態だったのです。

この、相沢 華南は、16歳のときに公園のトイレで嬰児を出産。その赤ちゃんをそのまま遺棄致死させた前科を持つ。

出所後も、売春容疑で逮捕歴があった。

公園のトイレで出産遺棄したのは、妊娠していて自分のおなかのなかに赤ちゃんがいたときは、赤ちゃんが自分を必要としていたので、中絶をしなかったが、出産した途端に、自分から赤ちゃんを捨てたという。

その理由は、自分が捨てられる前に捨ててやったんだ。男も子供も同じ。要らなくなったら捨てるんだ。

すごく怖い設定ですね。

相沢 華南が売春をしているところに現れる鈴原 環。

連れ去られる相沢華南。同じく、赤ちゃんも病院から連れ去られたのです

数日後、某警察病院の入り口で発見される相沢 華南。赤ちゃんも、無事に病院に戻りました。しかも、肝臓移植を受けて、普通の身体に戻ったようです。

しかし、某警察病院で発見された、相沢 華南の姿は・・・・。

 

次のクジラは誰になる

鈴原 環が通う高校でふとしたことから出会った佐藤 若菜。鈴原 環の携帯に、佐藤 若菜からのLXXE連絡が届く。

LXXEの使い方も知らない、鈴原 環。呼び出しを受けた待ち合わせ場所の公園に行ってみたら、現れたのは、佐藤 若菜の友達の亜衣だったのです。

彼女は、佐藤 若菜のアカウントとパスワードを知っていて、成りすましに使ったのです。

その時に、鈴原 環に、佐藤 若菜と昨日から連絡が取れなくなったことを打ち明ける。その日のうちに、友人になる、亜衣と鈴原。

ほどなく、都内某所に警視庁の家宅捜索が入る。容疑は、未成年の使役および売春斡旋容疑。そこは、リュウという男が仕切っていた売春斡旋業者。亜衣は、その中の女性を束ねる役目を担っていたのです。 売春の女性がいなくなったその組織。女性のまとめ役だった亜衣は、また学校で友達を集めると宣言。良い娘がいるんだ。名前は、鈴原 環。

次のクジラを、確保した鈴原 環。臓器の摘出を行おうとしていた矢先に、臓器購入予定のキャンセルが入る。

同じ頃、推定年齢13歳から19歳くらいの身元不明の遺体が、川で発見させる。

その遺体は、妙なことに、眼球、歯、内臓が無くなっているんです。

鈴原 環ではない。これは、誰の仕業か。

次の展開がとっても気になるギフト±(プラスマイナス)。

ギフト±  第一巻 ネタバレ 感想

とてもグロい内容のマンガですので、嫌いな人は、読まないほうが良いかもしれません。しかし、気にしない人は、とてもはまる内容の作品だと思います。

更生を期待できない犯罪者とその臓器を必要とする患者。非合法の臓器売買をテーマにした作品で、ストーリーの展開も面白いと思います。主人公の、スーパー女子高生鈴原環の設定や、次々に出てくる人物との関係がわかると、さらに楽しめる作品だと思います。

 

みんなのマンガレポを紹介したいと思います。

(マンガ王国のサイトより 引用)

 

タローさん 20代 男性 会社員/その他

広告を見て興味が湧き読んでみました。 更生できない悪党の臓器を必要としてる人のために捌くというすごい漫画。 捌くシーンは、もちろんその他いろいろグロいシーンもあります。 臓器を取り出す前に言う、「命をありがとう」がすごい重いです。 続きが早く読みたいです。

 

バニラさん 20代 女性 主婦

面白かったです!まず、画力がとても高いです。だからこそ、グロいシーンなどはとてもリアルで思わず唾を飲むこともありました。多くはないですが性交渉のシーンもあります。暴力的な部分も含めて大人向けの漫画という印象です。読むに従ってどんどん登場人物が繋がっていき、まさかこの人が…という展開が何度もありました。先が読めないドキドキとスリル満点な展開により、迷いなく最新話まで購入してしまいました。続きが楽しみです。

 

まいさん 20代 女性 会社員/その他

普段レポなんて書かないですが 面白いのに数が少ないのがもったいないので初レポ。 中国のバク買いなどリアルな事柄が絡んでいて非常にリアルティーがあって面白い。 また悪いやつが最後には痛い目にあうというのも見ていて心地よい。それでもねじ曲がった正義に最後にはどんな結末を迎えるのかもきになる。 最後まで読みます!次が楽しみ!  

ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ  ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ ギフト± ネタバレ  

ギフト(459) 漫画(294) 感想(174) 無料(127) プラスマイナス(118) あらすじ(98) 臓器(91) 映画(84) サイト(52) 情報(47) ナガテユカ(45) 検索(43) 売買(42) 彼女(39) 作品(39) まんが(38) 王国(36) コメント(35) 解体(35) 結末(35) ギフト(459) 漫画(294) 感想(174) 無料(127) プラスマイナス(118) あらすじ(98) 臓器(91) 映画(84) サイト(52) 情報(47) ナガテユカ(45) 検索(43) 売買(42) 彼女(39) 作品(39) まんが(38) 王国(36) コメント(35) 解体(35) 結末(35) ギフト(459) 漫画(294) 感想(174) 無料(127) プラスマイナス(118) あらすじ(98) 臓器(91) 映画(84) サイト(52) 情報(47) ナガテユカ(45) 検索(43) 売買(42) 彼女(39) 作品(39) まんが(38) 王国(36) コメント(35) 解体(35) 結末(35) ギフト(459) 漫画(294) 感想(174) 無料(127) プラスマイナス(118) あらすじ(98) 臓器(91) 映画(84) サイト(52) 情報(47) ナガテユカ(45) 検索(43) 売買(42) 彼女(39) 作品(39) まんが(38) 王国(36) コメント(35) 解体(35) 結末(35) ギフト(459) 漫画(294) 感想(174) 無料(127) プラスマイナス(118) あらすじ(98) 臓器(91) 映画(84) サイト(52) 情報(47) ナガテユカ(45) 検索(43) 売買(42) 彼女(39) 作品(39) まんが(38) 王国(36) コメント(35) 解体(35) 結末(35) ギフト(459) 漫画(294) 感想(174) 無料(127) プラスマイナス(118) あらすじ(98) 臓器(91) 映画(84) サイト(52) 情報(47) ナガテユカ(45) 検索(43) 売買(42) 彼女(39) 作品(39) まんが(38) 王国(36) コメント(35) 解体(35) 結末(35) ギフト(459) 漫画(294) 感想(174) 無料(127) プラスマイナス(118) あらすじ(98) 臓器(91) 映画(84) サイト(52) 情報(47) ナガテユカ(45) 検索(43) 売買(42) 彼女(39) 作品(39) まんが(38) 王国(36) コメント(35) 解体(35) 結末(35) ギフト(459) 漫画(294) 感想(174) 無料(127) プラスマイナス(118) あらすじ(98) 臓器(91) 映画(84) サイト(52) 情報(47) ナガテユカ(45) 検索(43) 売買(42) 彼女(39) 作品(39) まんが(38) 王国(36) コメント(35) 解体(35) 結末(35) ギフト(459) 漫画(294) 感想(174) 無料(127) プラスマイナス(118) あらすじ(98) 臓器(91) 映画(84) サイト(52) 情報(47) ナガテユカ(45) 検索(43) 売買(42) 彼女(39) 作品(39) まんが(38) 王国(36) コメント(35) 解体(35) 結末(35) ギフト(459) 漫画(294) 感想(174) 無料(127) プラスマイナス(118) あらすじ(98) 臓器(91) 映画(84) サイト(52) 情報(47) ナガテユカ(45) 検索(43) 売買(42) 彼女(39) 作品(39) まんが(38) 王国(36) コメント(35) 解体(35) 結末(35) ギフト(459) 漫画(294) 感想(174) 無料(127) プラスマイナス(118) あらすじ(98) 臓器(91) 映画(84) サイト(52) 情報(47) ナガテユカ(45) 検索(43) 売買(42) 彼女(39) 作品(39) まんが(38) 王国(36) コメント(35) 解体(35) 結末(35) ギフト(459) 漫画(294) 感想(174) 無料(127) プラスマイナス(118) あらすじ(98) 臓器(91) 映画(84) サイト(52) 情報(47) ナガテユカ(45) 検索(43) 売買(42) 彼女(39) 作品(39) まんが(38) 王国(36) コメント(35) 解体(35) 結末(35) ギフト(459) 漫画(294) 感想(174) 無料(127) プラスマイナス(118) あらすじ(98) 臓器(91) 映画(84) サイト(52) 情報(47) ナガテユカ(45) 検索(43) 売買(42) 彼女(39) 作品(39) まんが(38) 王国(36) コメント(35) 解体(35) 結末(35) ギフト(459) 漫画(294) 感想(174) 無料(127) プラスマイナス(118) あらすじ(98) 臓器(91) 映画(84) サイト(52) 情報(47) ナガテユカ(45) 検索(43) 売買(42) 彼女(39) 作品(39) まんが(38) 王国(36) コメント(35) 解体(35) 結末(35)    

ギフト± ネタバレ 第二巻 登場人物

ギフト±ネタバレ 第一巻で登場した主な登場人物の詳細が徐々に判明して行きます。

 

リュウ

りうだーし(劉達善)。日本名:斉藤 達善(さいとう たつよし)。

中国残留孤児の三世。亜衣を頂点とする少女売春グループを仕切っているが、売春、クスリ、オレオレ詐欺と何でもする半グレのボス。最近、準暴力団に指定される。中国マフィアとの繋がりもあり、中国から日本に進出する臓器売買ネットワークを築こうとしている。

最初は、呉というボスの下で、臓器売買のネットワークの要としての医師を確保する為に林医師に目をつけて、拉致する。

林医師は、日本の臓器売買のネットワークのタカシと、リュウの奪い合いになる。

 

タカシ

闇の臓器売買グループのリーダー役でしたが、第二巻でタカシの素性が明らかになります。

専用の部屋で、コンピュータシステムを駆使して、膨大なデータをもとにさまざまな情報から、次々と闇の中から事実を見つけ出していく。お坊ちゃんと呼ばれるどこかの裕福な家の生まれ?

タカシは、日本の有数のグループ企業である極秋会の会長 秋元正の御曹司 秋元 崇。

極秋会グループは、大学病院も真っ青な、極秋会総合病院も経営しているのです。ここで、何か臓器移植とのつながりが判明します。

 

 

阿藤 圭介

あとう けいすけ。第一巻では探偵だったが、その前の職業が明かされます。その前の職業は、なんと警視庁元巡査部長。 年齢も38歳ということが判明する。

探偵業務の依頼主の林英麿医師の依頼業務jに糸口がつかめないが、自分が警察をやめる原因となった事件と、指名手配されている林英麿医師が指名手配される要因となった、英医院放火殺人事件に共通のつながりを見つける。その共通のつながりとは。

 

亜衣

あい。

リュウの手下で、少女売春グループのまとめ役。鈴原 環のを少女売春グループに引き込むが、最後には、佐藤若菜を殺害したことを鈴原環に知られて、クジラとして捕らえられてしまう。

 

佐藤 若菜

さとう わかな。鈴原 環と同じ高校に通う女子高生。

第一巻では、ふとしたことから鈴原環と友人になったが、その後、行方不明になる。第一巻の最後のほうでは運河に臓器を抜かれたナゾの死体が発見されるところで終わっていたが、それが、佐藤若菜だと判明する。鈴原環は、クジラには捕ってよいクジラとそうでないクジラがいる。佐藤若菜は、捕ってはいけないクジラなんだとつぶやく。